04.3.2. ----2ページ目-----     009)PAGE 1 2

<<< REPAIRページ(修理記事一覧)へ戻る

続き・・・

さて、新品、工場出荷時では錆びなど無いので問題なく電気は通ります(たまーに新品でも不具合があるものもありますけど・・・)。が!しかし、下写 真のように接点部がだんだんと錆びてくるとどうでしょう。そうです、導通 ・電気が通らなくなってしまうのです。長年リペアをしていてよくあるケースがこれです。特にオールドに多いですね。

これによる不具合は、例えばトーンポットだけマイナス(アース)の導通がなくなっていると「トーンポットを絞ってもまったく音が変わらない」という症状が出てきます。同様にボリュームポットの場合は「ボリュームノブを絞っても音が消えない」となります。

 


 

何かに例えて分かりやすく説明できないか?と思い書いてみたのが下の図。

P.Uからの音(信号)が飛行機ポットの背中・マイナス(アース)が大地・地面 とすれば・・・・

飛行機(信号)は常に地面(アース)との距離(高度)を一定に保ちながら空を飛んでいます。

 

ところが突然地面がプツッと途切れてしまったら・・・・・・

 

飛行機(信号)は「いったい自分はどこを飛んでいるの~??」となります。

 

「エアフォースワン」お楽しみいただけましたか?決してゲイリー・オールドマンのようにハイジャックしてはいけません。フィフス・エレメント、ロスト・イン・スペース、レオン、等々「切れ具合バツグン!」の味。いいですね~、好きです。最新映画ネタがないのでかなり"古"(笑)

 

 

 

大まかに理解できたでしょうか?つまり飛行機(信号)地面(アース・マイナス)接触(ショート)したら飛行機は「飛んでいない」。ギターにおきかえると「ボリュームがゼロの状態・音が消えている状態」です。トーンポットであれば一番トーンが効いている状態、となります。こうも言えます、普段なにげなくグリィグリィと回しているあの「ポット(ノブ・つまみ)」は飛行機を離着陸させている。または飛行機(信号)の高度(音量 ・度合い)を調整しているという事になります。先に話した「トーンだけ効かないなあ・・・」などはトーンポットだけ地面 ・大地から浮いている可能性があります。(注意**他にも効かない原因は沢山あります。単なる断線やポット内部の不具合など。あくまで話の都合上です・・・・)

 


 

ここで一言。おそらく工場の側からすれば(大量生産ですから)「少しでも線材を減らす」「少しでも作業を簡略化・効率化する」という点は非常に大切な事だと思います。ただ、現実として数年経った物でもこのような「錆び」が原因で「導通 ・電気の通り」がなくなり不具合が出る、という事が起きているので、できうればしっかりと各パーツ類のアース(マイナス)を「配線」で繋げてほしいですね・・・。ちなみに特注品やカスタムショップ製など高額なものはしっかり配線されています(カスタムショップ製は確かそうだったよな・・・・・??)。オリジナルの復元を重視したりする場合は配線されてない事も。

 

ということで、下の写真のように各ポットの背中、マイナス(アース)同士を配線します。


このように「線」で配線してもいいですし・・・・・

 


針金のような裸線を使っても良いです。この場合はプラス端子に触れてしまわないよう注意。(写 真では撮影のため両方ハンダしています・・・・あしからず)


ハイ、アップです。

 

これで安心。たとえ年月が経ちサビにより導通が不安定になってもOKです。

最後に、仮にプレートが完全にアースから浮いて(マイナス・アースと導通なし)しまったらどうなるのか(各ポットはしっかり配線で繋がっていたとして)。答えは、音は出るが多少ノイズが増えます。アースから完全に離脱した金属プレートは、今までノイズを守るための盾役(シールド)だったのが、その役割を逆にノイズを集めるアンテナに変えてしまいます。詳しく説明すると頭がメダパニしてしまうのでやめます・・・^^;。興味がある方は専門書を・・・。

空間には様々な電波・ノイズが飛び交っています。プラス(音・信号)はマイナス・アース(大地)(金属プレートやアルミ箔、導電塗料)によってそのノイズから守られていると言えます。「弦を触るとノイズが減った」という経験は誰にでもあると思いますが、理由は弦に触れている事により「人間の体(電気を通 しますよね)」がアースとなり信号をノイズから守っています。よく「弦を触るとノイズが減るんですけど・・・・」というお客様がいますが「弦アース」が正常に効いている証拠なんですね。

まだまだ書こうと思えばイロイロありますがこのへんで。電気関係を載せるとどうしても「文面 」オンリーになりがち・・・。はたして最後まで観ていただいた方は何人いるのやら。では。

04.3.2. ----2ページ目-----     PAGE 1 2

<<< REPAIRページ(修理記事一覧)へ戻る