12.08.17. ----1ページ目-----     029)PAGE 1 2

<<< REPAIRページ(修理記事一覧)へ戻る

世間のお盆休みも終わりに近づき、熱帯夜の暑さも「多少涼しくなったかな??」といった季節に入りました。

皆さん夏バテは大丈夫ですか?
私は3日連休いただきましたが乗鞍でMTB~白骨温泉でまったり~上高地へプチ登山、と暑さを避けるように山へ行ってきました。写真は横尾山荘から蝶ヶ岳への登山道途中にある槍見台というところ。マイナスイオンをたっぷり吸収してきました。

 

山雑誌なんて今まで買った事がなかったのに、最近は気になります・・・

スポンサーリンク

 


 

さてさて、今回はフライングVの指板交換&ネックヘッド折れです。5~6年前に行った修理です。このギターのオーナーはこれをきっかけにその後度々ご利用いただいているT様。

まずははじめの状態。


いつもどおりの一般的な折れ方。接着剤で圧着。

曲面削りをして、補強材を接着。

小刀で成形していき、大体の形ができたらストップ。ペーパーで仕上げるのは指板交換の後、最後にやります。お次は指板交換作業へ。


ローズ指板 → ローズ指板(バインディング付き)への交換です。
まずはフレットを抜いて・・・・ナットも取り外し・・・・・

どんどんいきます・・・・

ラバーヒーターを使い、ナイフを挿しこみあせらずゆっくりと接着面を剥がしていきます。

ハイ、剥がれました。
白い物が写ってますが、以前に他の項目でもご説明した製造時においての「指板接着時のズレ防止目的」のためのポッチです。

さて、次のページでは新しい指板作りです。

12.08.17. ----1ページ目-----     PAGE 1 2

<<< REPAIRページ(修理記事一覧)へ戻る