02.10. ----3ページ目-----     006)PAGE 1 2 3 4 5

<<< REPAIRページ(修理記事一覧)へ戻る

おっと出ました。ネック折れの時みたいな写真です。このようなアクリルプレート治具を使い、トリマーで穴を掘っていくわけですが、なにもトリマーでなくても、ドレメル等を使ってもなんでも良い(リペアマンによりお気に入りの工具は様々)。元の溝幅は約2.5~2.7ミリでしたので多少広く3.0ミリのビット刃で掘りました。深さは~・・・・・忘れた、確か4ミリくらいだったかな、いや5ミリ?・・・


ちなみに、このアクリルプレートの四隅にはボルトがあります。これは必ずしも表板に対してブリッジが平行ではないのでこのボルトにより角度を自由に変えられるようにしてあります。

無事堀り終えました。ここでフィッシュマンPU・「MATRIX NAT-1」用に穴を空けておきます。映画のマトリックスではない。右の写 真をよーく見ると、分かりますか?本来のローズウッド色、紫っぽい色が出てきました。



 

そういえば「マトリックス」。続編が2本も同時撮影してるらしいですね。もう撮影は済んだのか・・・。「マトリックスなんとか~」と「マトリックスなんちゃら~」だったな。う~ん早く観たい!私の映画好きはこのHPをよく観られてる方なら御存知かと?以前、「簡易プロジェクターで50インチ画面 で映画を観てる」と書きましたが・・・・・

                  スポンサーリンク
  

つ、ついに本物のプロジェクターを手に入れました!ソニーのVPL-HS1という斜め投影もできるやつです。画面 の大きさはテレビサイズで85インチくらい、シネマサイズ[16:9]だとな~んと100インチ達成!!もちろん音は5.1chサラウンド!。も、もうダメです、普通 の環境には戻れません。御近所さんを気にしながらそ~っと(でもガンガン)鳴らして観ている。

スポンサーリンク


だが、ひとつだけ困った事がある。今まではレンタル屋で借りたらとりあえずダビングしまくり、後でゆっくりと時間をみつけて観ていた。が、5.1chサラウンドを楽しむにはDVDで観ないといけない!贅沢な悩みです・・・(笑)



 

さあくだらんお喋りが出たところで早いとこ先に進みましょう。ブリッジを薄くします。カンナを使いガンガンいきます。いや、やっぱりガンガンいってはいけません。先にノギスで穴の深さを測り削った量 が分かるようにします。左右、中央部ともに。

とくに注意しなければいけない事といえば木の逆目に気をつける事と、もとの上部の丸み・形にそって削る事ですか。

端部の丸みなどはカンナだと削りにくいのでスクレイパーを使ったりします。目的の厚みまで削れたら細かなシェイプを整えていきます。後は#150くらいの荒めのペーパーをかけていって、最終的に(私の場合)#600までかけて完成です。

綺麗なローズです。なんだかせっかくこんな綺麗な木目なので、黒には塗りたくなくなってきました。でもしっかりとまたお化粧をしてやりましょう。次へ・・・・

02.10. ----3ページ目-----     PAGE 1 2 3 4 5

<<< REPAIRページ(修理記事一覧)へ戻る